専業主婦 お金を借りる

MENU

専業主婦がお金を借りられるのは銀行カードローンだけ!

収入のがない専業主婦はどこでお金を借りることができるのでしょうか。
消費者金融は貸金業法という法律で融資を受けられるのは年収の1/3までと決まっています。
これを総量規制と言います。

 

これは「収入があること」が前提となっており、原則として収入の無い専業主婦には借りる事ができません。
では、専業主婦がお金を借りるにはどうすればいいのでしょうか。
無収入の専業主婦でも融資が受けられるように配偶者貸付という制度があります。
これは夫に収入があれば妻にもお金を借りることができるというものです。
ただし、この場合申し込みには配偶者の同意書が必要となり、内緒で借りる事はできません。
信販系のカードローンも総量規制の対象なので、同様です。

 

夫に内緒でお金を借りるなら、銀行のカードローンを利用しましょう。
銀行は貸金業法ではなく銀行法に則って営業しているため、総量規制の対象外です。
安定収入があることが条件ですが、アルバイトやパートでも申し込むことができます。
また、審査に通りさえすれば本人に収入が無い専業主婦にも借入れが可能です。
その場合、夫に安定収入があることが条件になりますが、借入れ額によっては夫の同意書も必要なく、内緒で借りることができます。

 

カードローンの申し込みは、申込み→審査→契約→借入という流れになります。
申し込み手続きにはインターネット、店頭、電話、郵送、自動契約機といった方法があります。
専業主婦が借りられる上限の限度額内であれば収入証明は不要で本人確認書類(運転免許証など)のみで良く、インターネット申し込みなら写真のメール添付などで済みます。
銀行カードローンでは融資を受けるのに普通預金口座を持っていることが条件になっていることが多いので、無い場合は口座開設後に借入という流れです。
銀行カードローンをインターネット申込みで利用した場合、最短で即日融資を受けることができるのが大きなメリットです。

 

参考サイト

専業主婦でも借りられるカードローン
【専業主婦カードローンセレクト】家族に内緒!主婦の安心銀行借入
専業主婦におすすめの金融機関を選ぶことが出来ますよ。
配偶者貸付を利用して借りることが出来るカードローン会社もまとめられています。